当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

せいじゃく、そして。

雪、やんだぞ。言われてのだめは目をあける。千秋の上から身を起こすと、窓の外は曇り空に白の化粧。屋根も道も白く、のだめはほう、と息をついた。
大川ってあまり雪降らないんですよね。だからうれしい。
のだめが外行こうかなーと心持ちうきうきめに言うと、眠たげな千秋の声がダメ、と言った。
長い腕がするりと伸びてのだめの首に巻きつき、そのままのだめを引き寄せる。
・・・ぬくい。
目を閉じて千秋が言う。のだめはその端正な顔をじっと見て、先輩猫みたい、と言った。
おまえは・・・あてはまらねぇなぁすでに変態動物だから。
・・・・・・ウルサイですよ。
珍しい日だ、とのだめが思う。千秋が甘えてきているような気がするのは単なる気のせいなのだろうか。
[PR]
by kanae-r | 2005-01-15 00:17 | 連>nodame | Comments(0)