当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

03 藍玉 : 好奇心は夢を落とすか











「なみだのあとがついてるよ」
病室で目を覚ました時、ベッドの隣にはやさしいボンゴレの10代目がいて、ふわり、とやわらかく笑んで、天使様だ、と一瞬ブルーベルは思った。

ほんとうは、ブルーベルにとって、大切な人は白蘭だ。
それでも、その白蘭が、ボンゴレの10代目を大切にしているから、ブルーベルもボンゴレの10代目を大切にしなければならないのだ、と白蘭と正一に教わった。





「ツナヨシ・・?」
身を起こすと、何故涙が出ていたのか、夢の内容を忘れてしまった。


「びゃくらんは・・?」
「いま、治療中」
先だっての争いで、綱吉の守護者の一人が負傷した、とは聞いていた。
ブルーベルも狙われて、そしてここに運ばれたのだった。

は、と指元を確認すると、そこにはマーレリングが確かにあって、ほ、と安心の息をつく。
白蘭と、ユニから預かっている大事なもの。



「ああ、かわいそうに」
ブルーベルの長い髪が、少し焼けて焦げていた。
炎というものは、いつもとても恐怖を呼び起こす。なので、炎の遣い手である綱吉の戦闘は、絶対近づきたくないものだった。
それでも今回、すこし巻き込まれてしまった。

やさしく髪をすかれて、緊張していた肩から力が抜けていく。

「こわいゆめ、みていたのかな」
「覚えてない?」
「うん、くるしかった、ような」

未来の記憶、というものを、ブルーベルはすべてもらえたわけではなかった。
必要最低限の知識は確かに、ユニから教えてもらってけれど、
きっとつらいだろうから、とすべてをもらえたわけではない。
それでもいつも、夢の中で、何かを思い出しそうになる。

くるしい、あつい、みず、みず、みず。



ぶるり、と身を震わせると、ぎゅ、と綱吉が身体を抱いてくれた。
全てをすかすような、琥珀色の瞳が細められる。


「眠れなくなったら、俺の部屋においで」
「・・?」


「ゆっくり眠れるように、まもってあげるからね」


ほんとうは、白蘭があまりにも綱吉やユニのことしか見ていないので、ブルーベルはいつも、悲しい。
このかんじょうはきっと、嫉妬だとおもう。
けれどそれ以上に、綱吉がブルーベルや、その仲間達の心を救ってくれているのに、
ほんとうは、気付いている。
[PR]
by kanae-r | 2014-02-09 14:19 | 12の宝石言葉>r ♀27 | Comments(0)