当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヘルシンキ、3月

>






キスアンドクライでその点数を見た瞬間、ヴィクトルが天に向かって叫んだのが画面に写し出されていた。FSの得点219.48。総合得点320.19。ヴィクトルが泣いてる。ヤコフコーチに抱きついている。彼は僕に勝った。金色は彼のものだ。

ナショナルジャージのヴィクトルが、こちらに駆け寄ってくるのを目の端で捉えて、僕も涙が浮かんでしまった。大きく手を広げて待ってやれば、うさぎのように彼は僕の胸の中に飛び込んできた。大きな大人がね。
君は最高だねヴィクトル。いつでも僕の予想を超えてくる男だよ。ユウリ、ユウリ、俺、うまくできたでしょう?最高だったよヴィクトル。
「君のLoveが勝ったみたいだね、ヴィクトル」
弾かれたようにヴィクトルは僕を見て、またぎゅっとハグをしてきた。また泣いてる。こいつはどんだけ泣き虫なんだ、と言ってやろうとして、僕も泣いてることに気づいた。人の演技で泣くなんて。なんて最高なことだろう。
「俺はまだまだ、君を驚かせるからね。悔しがったって、知らないから、ユウリ」




[PR]
by kanae-r | 2017-01-22 15:53 | YURI ON ICE | Comments(0)