当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

デトロイト、1月





勇利は空っぽになったフラットを見て、スッキリした気持ちになった。すこし忙しかったが何とかなった。フラットの契約期間に合わせて、これから暫くチェレスティーノのところにお世話になって、トリノに向かう予定だった。勇利のアメリカ生活で長く足になってくれた、コンパクトで優秀だった愛車は最後にディーラーに売ってしまうつもりだった。まもなく大会を控える中で、突如として訪れた愛犬の訃報は勇利に大いなる衝撃を与えた。とても悲しくて、しばらく立ち直れないと思っていたが、スーツケースには勇利の大切なブレードが入っている。フラットの鍵を閉めて、スーツケースを持ち上げてブレードの重さを感じたとき、これさえあれば、僕はどこまでも行ける、と思った。フラットは空っぽでも、家で待つ愛犬がいなくても、今なら勇利を縛り付けるものなど何も無くて、身体が軽くて、世界最高得点をいくらでも更新出来そうだった。勇利は自分を待つ氷上を思い出して、少しだけ心がおだやかになった。
[PR]
by kanae-r | 2017-01-23 20:39 | YURI ON ICE | Comments(0)