当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

トリノ、2月





俺はまた腹がたった。目の前の男は飄々と金メダルを掻っ攫っていったからだ。俺は永遠に銀の呪いを受け続けるのか?
シニアになって経験も沢山つんだのに、目の前のスマートな日本人は、必死さのかけらもなく、圧倒的に美しい演技で観客を魅了した。文句のない金メダルだった。
じゃあねヴィクトル、の言葉に、いつものまた次の冬にね、が無くて、ヴィクトルは気付いたものがあって、またもや涙腺が崩壊した。ユウリは溜息をまたついて、美しく指先でヴィクトルの頬を撫でた。今度はなに?僕さよならしただけだよね?そうだよ、そのさよならが問題なんだよ!
「だいじょうぶだよ、また次の冬にね」
俺は心が踊った。ユウリはもう一年やる気でいる!ユウリはきらきら光る瞳で、ヴィクトルに微笑んだ。彼のそのブラックの瞳は、深くて柔らかい夜の闇のようで、反射する光はまるで夜の星空のようだった。よかったらいつかハセツにもおいでね。彼はもうデトロイトには戻らないんだそうだ。
―ハセツヨカトコイチドハオイデ、何か呪文のようなことばを、ユウリは歌うように唱えた。

[PR]
by kanae-r | 2017-01-23 20:40 | YURI ON ICE | Comments(0)