当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ケベックシティ、3月

>







ユーリプリセツキーがぽろぽろと涙をこぼしているのを、ヴィクトルが声をかけているようだった。FSのあとだ。いい滑走ができた嬉し泣きだと思ったら、どうやら違うようだった。オタベックが勇利に説明した。彼らは友人同士だから。今年のシーズンが始まる前から決まっているようだったが、ヴィクトルは今季で彼のスケートクラブとの契約を解約して別の所へ移籍するらしい、と。ユーリが望むなら振付はまたしてもらえるそうだったが、コーチとして離れずにそばにいてほしいのだ、とユーリは願っていたという。だから、彼がその決断を一生後悔するような、いい演技をして、コーチの決意を変えてやろうと意気込んでいた、とも。

勇利はそう、と返事をして、遠くの師弟を見つめた。師弟は特別な絆だ結ばれるものだ。ヴィクトルが望むようにしたら良い、と勇利は思う。彼らの競技人生は短い。今後悔したら、きっと取り返す事はできないから、その瞬間瞬間を後悔しないように。


[PR]
by kanae-r | 2017-01-25 01:04 | YURI ON ICE | Comments(0)