当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

累進

*>n

ちあのだ



叫び声が聞こえた。
千秋真一は飛び起きた。そこは彼の寝室だった。
白で統一された部屋だった。そしていつもならば隣には彼女が居た。今は居なかった。
千秋真一はベットから急いで降りた。声のする方は隣のリビングのようだった。スリッパを履くことを忘れていた。彼は走り出した。
隣で寝ているはずの女はリビングに座っていた。座っていると言うよりかはへたり込んでいた。力が抜けているような感じだった。買ってやった白の寝間着が肩口からはだけていた。千秋真一は焦った。

のだめ?

肩を抱き寄せられた。
野田恵は千秋の目を覗き込んだ。恐る恐る見やったさきは暗い色だった。

先輩?

ささやいた声はかすれていた。
千秋真一はますます焦った。そしてよりいっそう肩を抱いた。

どうした

そう問われてのだめは片手を上げた。
そして指差した。指差す時に手が震えた。



そこには粉々になったごろたの人形があった。
それはのだめの大事にしていたにんぎょうだった。陶器の限定フィギュアだった。
千秋真一は自分の血管が音を立てて切れるのを聞いた。その感じは久しぶりだった。むしろ頭が冴えた。
なにより手が勝手に動いた。





だけど、


最後に手を絡ませた。
[PR]
by kanae-r | 2010-01-23 17:33 | sss>nodame | Comments(0)