当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

04 濁る 虹色 西日をころす





死して尚輝くのか、
残されたなりそこないのアルコバレーノは手のひらのおしゃぶりを見つめた。
虹の七色、色を欠けてしまって、どうして大空を彩ることができよう。
夜の闇に身をさらして、体中に深深と降り積もる、これは幼い頃からわかりきっていた劣等感だろうか。
「もうすぐ、」
けれども、なりそこないは死にぞこないではないということを、立証するのである。

こんなことをすれば、彼女をかわいがってくれた偉大なあのひとに、悲しまれるだろうけれども。

とおくで、子供のような、高いわらい声がきこえた。
[PR]
by kanae-r | 2007-04-18 18:15 | TV's[irohauta]>re | Comments(0)