当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:言葉で綴る漆題-其の弐>nodame( 7 )

千秋ははぁ、と息を吐き出した。白く白く息が消える。パリの夜は深いが今日の満月は煌々と光り、川の水面はきらきらと光って、街には月の影が出来るほど。
長袖一枚で外に出るにはかなり寒い。それでも何となく外に出たのは雲が途切れてきれいに月が出たから。
のだめは今日帰ってくるということだったが(正確には昨日)もう深夜だから、きっと明日(正確には今日)帰ってくるのだろう。今日(昨日だが)は千秋が迎えに行けなかったし明日も行けないので少々残念に思う。それでも自分が帰ったらお帰りと言ってくれる存在のあることをとても楽しみにしていた。
のだめに会うのは本当に久しぶりだ。彼女は変わっただろうか。もうすぐ会えると思うと、柄にも泣く千秋は幸せな気分になるのだった。
それとも、俺は変わっただろうか、成長したのだろうか。地道な試行錯誤の日々が続く。それはとてもそれで楽しいことだけれど、”楽しい”で終わらないのが音楽の道だ。
一生かけても報われないかもしれない。それでも俺は全力をかけたいのだ。
そもそもパリへ連れてきてくれた、大切な役割を果たしてくれた彼女。最初は本当にピアノにしか興味がなかったけれど。ずかずかと、するりと、いつのまにか俺の深いところへ入り込んで、窓を開けて風を入れてしまった。気づいてみれば、手放せない大切なパートナー。今頃はパリの宿を取っているのか、あるいはまだウィーンか。
車の音が遠くから近づいてくる。夜の街には必要以上に響いた。
深く息を吸う。冷たい空気は肺のおくにまで沁みわたった。
車はタクシーだった。ライトが近づいて、アパルトマンの下で止まったのであ、と思う。
それでも乗客はなかなか降りない。誰だろうと思っていると暫くして運転手が降りてきて後部座席のドアを開けて、それから、栗色の髪とワンピースコートの。
「のだめ」
思わず呼ぶと、驚いたように彼女は上を見上げた。そしてすぐに破顔する。
「せんぱい!」
声に出てるうれしそうな顔。髪は少し伸びたのか、少しだけ大人らしく見えるような。
運転手がのだめに荷物を渡して、車に乗り込んだ。千秋は部屋にとって返し、玄関のドアをあけて階段を降りる。ゆるい螺旋の下には蒼い夜が待っている。
外の空気が蒼い。その中にのだめが立っている。待ち焦がれた彼女は駆け出した。深夜二時、新しい楽章は今始まったばかり。
[PR]
by kanae-r | 2005-01-08 18:21 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)
 物音ひとつ、しない。
耳が痛くなるような静けさだ。深夜と言うものはまったく音がなくなるらしい。
千秋は先ほど目がさめてから、なんとなく眠れなくなって、明日はオフだったのでまぁべつにいいかと完全に起きてしまった。
パリの街は闇に包まれ、昼間は多くの人が行きかう通りには人の影ひとつ見当たらず、街灯だけがぽつんぽつんと、寂しそうに立っている。
川は深い色で沈みこみ、空には星が無数に光る。今夜は新月、空に明るい光はない。
 彼女は今頃何をしているだろうか。ウィーンにいるのだめのことを思う。最近あまり連絡をとっていなかった。千秋が公演を控えていたのでどうしてもやはり時間がなかった。
今日のことを思い出して、千秋は手を見つめる。すごく楽しい音楽だった。すぅと右手で軌跡を描く。1、2、3、4、1、2、3、4。底辺と高さは均一に、ぶれの少ないように。
ふぅと息をつきてをおろしてしまう。基礎の基礎なんてここのところ全くやっていなかったなぁ、と思った。外を見て、頭の片隅で、彼女も今起きてるような気がした。電話の向こうにいるような気が。
千秋はちょっと空中で手をためらわせて、それでも電話に手を伸ばした。
 トゥルルルルル――
 深夜に音が大きく響いて、千秋は慌てて受話器をとる。周りが起きやしないかと、すこしどきりとした。相手は。
「―――のだめ?」
小さな声で尋ねる。暫くの間ののちに、せんぱい?と驚きと疑問の混ざった声がした。ききなれた、ききたかった声が。
千秋はふ、と顔を崩して笑う。
「・・・・・・すげぇ。シンクロした」
―――せんぱいおきてたんですね
柔らかい声が、笑いを含んで言った。
くつくつ笑って千秋は答える。
―――どうでした?きょうの公演
「うん、すごい気持ちよかった」
―――よかったデスね おつかれさまでした
受話器越しに微笑む気配がした。
「――おまえ、どうしたの」
―――なんか、目が冴えちゃって
「そっか」
―――せんぱいもおきてるような気がしたんデスよ
「・・・・・・・うん」
くつくつ笑うと、向こうもふふ、と笑った。
「元気だったか?」
―――ハイ、ぜんぜん元気いっぱいデス!
「うん よかった」
―――こっちのヒトとも仲良くやってマスよ
「うん」
いつもよりずっとスローテンポで丁寧な会話。彼女の声がいつもよりもずっと近い。
きっとこんなよるで、こんなしずかだから。
会話と会話の間に出来る間も、むしろ心地よいくらいだった。
時間はとてもゆっくり、丁寧に流れてゆく。会えない時間を埋め合わせするように、緻密な時間が流れてゆく。

 どれくらい話していたのか、ようやく会話も一段落したころに。
―――ねぇせんぱい
「ん?」
―――のだめ、もうそろそろパリにかえれそうデス
「ほんとか!?」
―――ハイ、あらかた公演も終わりましたし・・・楽しみにしててくだサイ!
のだめがウィーンに客演として呼ばれてから二ヶ月、公演のための合わせ練習も含め、一人でのだめは頑張っていた。いろいろな団体と演奏できたことはのだめにとって大きな糧となったはず。千秋はゆるゆると息を吐いた。
「うん 楽しみにしてる」
―――ハイ!
のだめの声はうれしそうだ。
 しずかなよる、こんなしずかなよるだからだろう、言い出せなかったことが言えてしまったのはきっと。
「・・・・・・なぁ のだめ」
―――ハイ?
「・・・・・・おまえがウィーンから・・戻ったら・・一緒に暮らそう」
―――・・・・・・
言葉はあっけなく出て行ってしまった。千秋は胸のあたりがすぅすぅした変な気持ちになる。今まで恥ずかしさで言えなかったこと。この決定的な一歩――いままで千秋がどれだけ苦労してきたか――その線は意外にもあっけなく通り過ぎてしまった。
なんとなく体から力が抜けた。
「・・・・・のだめ?」
返事の返ってこない向こうに千秋が問う。
ごにょ、となにかのだめが言ったような気がして、なに?と言った。
―――ほんと、デスか?
ちいさくちいさく言われた声が、涙混じりなことに気づいて。
千秋は優しく答える。
「ほんとうだよ」
すん、と鼻をすするのが聞こえた。
―――せんぱい、大好き
今度こそのだめが涙声で言う。千秋はこくり、と喉を鳴らして、はっきりと答えた。
「・・・・・俺も」

笑い泣きしている電話越しの彼女が、どんな顔をしているのかがなんとなくわかって、思わず優しく笑ってしまう。こんなことが言えるのは、きっとこんなに静かな夜だから。

宵闇は優しく深く、どこまでも続いている。
[PR]
by kanae-r | 2005-01-07 23:32 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)
夜は暗く深く
音もなく
五感が鋭敏になったのかそれとも緩慢になったのか
そこにあるのは自分の体温だけ
その温かさがぽっかりと海に浮かんでいるような寂しい錯覚をおこす


月のない夜は、こんなにも静かなのか




冴えてしまった目は冷たいモノクロームの配列を映している。
ひやりとした感触を楽しむように鍵盤に触れた。
風が素肌を撫でていった。音はしなかった。


音楽はたまにとんでもない方向へ連れていってしまうので時々困ることがある
そのときに触れる命の渦に、素手で触ってはどきどきする
耳の奥のどこかと
感覚が

でも確かなものがそこにはあった




のだめは目を閉じる。



夜は暗く深く
音もなく
五感が鋭敏になったのかそれとも緩慢になったのか
そこにあるのは自分の体温だけ
その温かさがぽっかりと海に浮かんでいるような寂しい錯覚をおこす


目を閉じればそこには確かに光明があった。
[PR]
by kanae-r | 2005-01-04 23:57 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)
おそるおそる、といったように手の先に触れられた。見れば不安げな表情で彼女はこちらを見ていた。千秋は、ふと笑ってその手を握る。
その手が意外に冷たくて、もう一度包み込むように握りなおした。
電光掲示板はちかり、と『搭乗中』へと文字を変える。さぁ、と千秋は少し促した。
重そうなボストンバッグを持ち上げて、のだめは千秋を見つめた。
元気で、とありきたりの言葉を言う。
ハイ、先輩も。のだめが答えた。
ゆるゆると手が離れた。泣き出しそうな顔をしているので思わず頬を緩める。
がんばれよ、泣き言言って帰ってくんなよ、皮肉を交えれば、先輩こそ、といつもの切り返し。今度こそのだめがじゃあ、と言って歩き出す。その背中は小さいけれど堂々と背筋が伸びていた。
いつまでもお守りでいるわけにはいかないから。
一度も振り向かずに行ってしまったその背中を見送って、千秋は踵を返し歩き始める。
彼女は彼女で、きっと切り抜けられるようになるだろう。臨機応変な対応も、人間関係も。
次に会うのがいつなのか二人はわからないけれど。千秋はパリで、のだめはウィーンで、また新たな一歩を踏み出す。次の再会には、きっと変わってるところもそのままなところもあるだろう。それでも音楽のつながりはかわらないはずだ。
音楽でつながってる、ですよネ?
出発前ののだめの言葉。確かにそのとおりだよ。
パリの空は晴れている。冬の始まりはもうすぐそこ。雲ひとつない空が、彼女の行き先を快く示してくれますように。
[PR]
by kanae-r | 2005-01-03 08:50 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)

「えへへーたのしかったぁー」
赤い顔で何度も何度も繰返す彼女。酔いは相当回っているようだ。
ろれつが怪しいし、第一満足に歩けない。
よいしょ、とシングルベッドに横たえると、ふにゃり、とした笑顔を見せた。
「せんぱいーたのしかったー」
今日の演奏会のことを言っているのだろう。初めてのコンツェルト、同じ舞台にいつか、と言っていた夢が叶った、と大喜びしていたから。
もちろん千秋だってずっとずっとこの時を楽しみにしていた。自分の初めてのピアノコンツェルトは、シュトレーゼマンの世界公演の時。少し、とっておきたかったというのも事実だ。
彼女はふふ、と幸せそうに笑う。
「また、やりましょうネー すごいたのしかったデスー」
「うん」
のだめは手を伸ばし、千秋の首に巻きついてす、と引っ張る。千秋は重力に従ってのだめの横に落下した。至近距離では少し酒の匂いをさせて、紅潮した頬は幼さをかもしだすよう。
触れば、ふにという音がついてきそうな頬だなぁとおもう。
のだめがふにゃりと笑う。
「せんぱい だいすきー」
そのまま千秋の首もとに顔をうずめてしまう。きれいなうなじが見えた。
栗色の柔らかな髪の毛が顔に当たってくすぐったい。
やがて、すうすうという規則正しい寝息が聞こえた。
千秋がそうっと、彼女の肩に腕を回す。
「・・・うん」
ぎゅうと抱き寄せて、千秋はうっとりと目を閉じた。
「俺も」
[PR]
by kanae-r | 2004-12-31 02:00 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)

 海の潮の匂いが、風が吹くたびに海から届く。
寄せては返す波音が遠くで聞こえる。
少し肌寒い一日になるでしょう、今朝方テレビの中で美人の天気予報士が言っていたのを思い出す。顔に当たる海風は確かに冷たかった。
先を歩くのだめの首から垂れるマフラーがひらひらと風にたなびいているのが、日の出のすぐ後、朝の空でとてもまぶしかった。薄青のそらの空気はひんやりと、そこに潮の匂いをはらませていた。
朝の散歩いきましょーというのだめの言葉についてきたのはなぜなのか千秋は甚だ疑問であったけれども、ひんやりと透明な朝の空気に触れると、どうでもいい気がしてきてしまった。
もうこんなことが何年目になるのだろう?
 ひょん、とのだめが防波堤に飛び乗って、バランスをとりながら歩きはじめる。
下から見上げたのだめの髪が、ふわりと風に乗って金色に見えた。
千秋は追いついて、隣で歩調を合わせる。前方には、カーブの先にきらきら光る水面。
前を向いていたのだめの顔がぱぁっと明るくなる。
―先輩!キレイデス!
―うん
本当だ、と千秋は笑みを浮かべた。朝の光が透けるようにのだめの顔を照らしている。

そのとき一陣強い風が吹いて。
ざぁーっという音と共に、ふぎゃという奇声が聞こえた。あ、嫌な予感。
―う、わ
予想通り、ふら、とこちらによろけたのだめを、肩の上で千秋がキャッチする。なんだこれ。スミマセン!という声は、背中の方から聞こえ。
―バカ、気をつけろよ。手、離すぞこのやろう
声に怒りを含ませて言うと、待って待って、とのだめが防波堤の上に姿勢を戻そうとする。千秋は腕に力を入れて、体制を戻してやった。まるで子供にしてやるように。
髪が顔にかかったままのだめがにっこり笑ってどうもと言った。毒気の抜かれる笑い方だ。
しょうがねぇなと手を差し出すと、のだめはまじまじとその手を見つめ、はにかむように笑って千秋の手をとった。そうして二人で歩き出す。
しばらくして、
―なんかこうやってずっと歩いていけたらいいですネ
ポツリとこぼすようにのだめが言ったので、千秋はくつりと笑う。
―なっ・・笑うことないじゃないデスか!
ふぎゃーとのだめが言うので、だってオマエ・・と千秋が笑う。
―意地悪!性悪男!
―いいすぎだろ
くだらない言いあいをしていても、しっかりと千秋の手はのだめを支えている。
海風は追い風となり、二人の背中を押した。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-30 23:59 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)
その日は秋のさなかの、穏やかな日差しの日だった。隣ではピアノの音がする。
千秋はスコアのチェックをしていて、無意識のうちにもその音は耳に入ってくる。
最近のだめは自立するようになった。ピアノに対して、正面から向き合い始めた。
千秋はそのことを素直に喜んだ。こいつは変わろうとしている。しかも自分から!でも、内心さびしいのも事実であって。
・・・・・・・さびしい?なにが?
千秋は眉間にしわを寄せた。
なめらかなピアノの優しい音はこちらの心中など知らず。
のだめが自由奔放にいて、楽しそうにピアノを弾いていること。それがいつもあることが安心だと?それこそ束縛になってしまう。のだめの可能性を奪う。
ふぅと息を吐いて、それこそ思考も一緒に吐き捨てようとした。今はまだ認めたくない「もの」の気配を背中のあたりがさわさわと察知している。
千秋はスコアのなかから湧き上がる音楽の方に集中しようとした。
低音の刻むリズム、弦の音の波が寄せてはかえす。トロンボーンとホルンは軽快に、トランペットがそれに応えて。

バーン!!

不協和音が大きく響き、千秋ははっと顔をあげた。ピアノの鍵盤に何かが当たった音だ。何か大きいもの――たとえば人のような。
すう、と血の気が引いていくのがわかった。ホタルのだめが走馬灯のように頭の中を駆け巡る。息が詰まってしまった。
――のだめ
あわてて立ち上がりドアを開け放しすぐ隣のドアへ――
「のだめ!?」


ふざけんじゃねぇどれだけこっちが寿命縮めたと思ってんだよあほのだめありえねえだろ普通に音楽院生のピアノがゴミで雪崩れるなんてありえねえ
口から出るままの暴言を吐くと、小さく、ごめんなさいと正座して千秋の前に座るのだめが言った。
ピアノの周りには散乱したダンボールの中身がぶちまかれている。
さっきの音はこの音。
心底からの深い深いため息が出て、心配して損した、と呟く。
「どこの音楽院生がっ!ごみの雪崩れでピアノが弾けなくなるんだ?」
「ゴミじゃありまセンこれはのだめの大事―」
「ゴミも同然だ!」
萎縮したのだめがとても小さい。下向き加減の伏せた目。まつげが影を落としている。
「いっぺん死んでみるか?」
「先輩顔が怖いデス・・・」
ひくひくと顔を痙攣させてのだめが言う。
千秋ははあ、とため息をついた。ああなんだかとても疲れた。いろいろと。
ずきずきと痛む頭をおさえながら、
「お前この部屋片付けない限りはうちに入れさせないから」
「ふぉ!?」
「晩メシもあるはずないよな」
「ふぉぉ!?」
先輩それだけは~!!と泣きつくのだめをあしらって千秋は部屋を出た。ドアを閉めると、ドタバタという音がし始めて、千秋は自分の部屋に戻る。
ソファにどっかとすわってスコアを手に取るも。
うう、と千秋はうめき声を出した。本当に何もなくてよかった、と安心している自分がいた。
・・・なにかあったらどうしよう、と本気で心配したのは事実。
そしてそれが冷めて今、こいつに何もなくてよかった、と大いなる安堵があったのも事実。
だってきっと、もしものことがあったら俺は。
その感情に千秋は少し驚く。違うだろ俺・・・今までは怒りしか覚えなかったのに。
「ああもう!」
スコアで顔を覆ってしまえば外界は帳の向こうのよう。喧騒も膜で覆われる。
やはり予感はしていたけれど。
ちくしょーと毒づいて、責めて逃げてきた隣のことを少し、想う。

ちくちくと心に刺さるはなんの感情か、認めたくなくて、時に冷たい態度でいることを千秋はわかっていた。
きっと、この想いをごまかすために、こうやっていつまでもじゃれてあしらっているしかないんだろうと。
いっそ絶望的に千秋は思った。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-28 22:44 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)