当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー

<   2004年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


「えへへーたのしかったぁー」
赤い顔で何度も何度も繰返す彼女。酔いは相当回っているようだ。
ろれつが怪しいし、第一満足に歩けない。
よいしょ、とシングルベッドに横たえると、ふにゃり、とした笑顔を見せた。
「せんぱいーたのしかったー」
今日の演奏会のことを言っているのだろう。初めてのコンツェルト、同じ舞台にいつか、と言っていた夢が叶った、と大喜びしていたから。
もちろん千秋だってずっとずっとこの時を楽しみにしていた。自分の初めてのピアノコンツェルトは、シュトレーゼマンの世界公演の時。少し、とっておきたかったというのも事実だ。
彼女はふふ、と幸せそうに笑う。
「また、やりましょうネー すごいたのしかったデスー」
「うん」
のだめは手を伸ばし、千秋の首に巻きついてす、と引っ張る。千秋は重力に従ってのだめの横に落下した。至近距離では少し酒の匂いをさせて、紅潮した頬は幼さをかもしだすよう。
触れば、ふにという音がついてきそうな頬だなぁとおもう。
のだめがふにゃりと笑う。
「せんぱい だいすきー」
そのまま千秋の首もとに顔をうずめてしまう。きれいなうなじが見えた。
栗色の柔らかな髪の毛が顔に当たってくすぐったい。
やがて、すうすうという規則正しい寝息が聞こえた。
千秋がそうっと、彼女の肩に腕を回す。
「・・・うん」
ぎゅうと抱き寄せて、千秋はうっとりと目を閉じた。
「俺も」
[PR]
by kanae-r | 2004-12-31 02:00 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)

 海の潮の匂いが、風が吹くたびに海から届く。
寄せては返す波音が遠くで聞こえる。
少し肌寒い一日になるでしょう、今朝方テレビの中で美人の天気予報士が言っていたのを思い出す。顔に当たる海風は確かに冷たかった。
先を歩くのだめの首から垂れるマフラーがひらひらと風にたなびいているのが、日の出のすぐ後、朝の空でとてもまぶしかった。薄青のそらの空気はひんやりと、そこに潮の匂いをはらませていた。
朝の散歩いきましょーというのだめの言葉についてきたのはなぜなのか千秋は甚だ疑問であったけれども、ひんやりと透明な朝の空気に触れると、どうでもいい気がしてきてしまった。
もうこんなことが何年目になるのだろう?
 ひょん、とのだめが防波堤に飛び乗って、バランスをとりながら歩きはじめる。
下から見上げたのだめの髪が、ふわりと風に乗って金色に見えた。
千秋は追いついて、隣で歩調を合わせる。前方には、カーブの先にきらきら光る水面。
前を向いていたのだめの顔がぱぁっと明るくなる。
―先輩!キレイデス!
―うん
本当だ、と千秋は笑みを浮かべた。朝の光が透けるようにのだめの顔を照らしている。

そのとき一陣強い風が吹いて。
ざぁーっという音と共に、ふぎゃという奇声が聞こえた。あ、嫌な予感。
―う、わ
予想通り、ふら、とこちらによろけたのだめを、肩の上で千秋がキャッチする。なんだこれ。スミマセン!という声は、背中の方から聞こえ。
―バカ、気をつけろよ。手、離すぞこのやろう
声に怒りを含ませて言うと、待って待って、とのだめが防波堤の上に姿勢を戻そうとする。千秋は腕に力を入れて、体制を戻してやった。まるで子供にしてやるように。
髪が顔にかかったままのだめがにっこり笑ってどうもと言った。毒気の抜かれる笑い方だ。
しょうがねぇなと手を差し出すと、のだめはまじまじとその手を見つめ、はにかむように笑って千秋の手をとった。そうして二人で歩き出す。
しばらくして、
―なんかこうやってずっと歩いていけたらいいですネ
ポツリとこぼすようにのだめが言ったので、千秋はくつりと笑う。
―なっ・・笑うことないじゃないデスか!
ふぎゃーとのだめが言うので、だってオマエ・・と千秋が笑う。
―意地悪!性悪男!
―いいすぎだろ
くだらない言いあいをしていても、しっかりと千秋の手はのだめを支えている。
海風は追い風となり、二人の背中を押した。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-30 23:59 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)
その日は秋のさなかの、穏やかな日差しの日だった。隣ではピアノの音がする。
千秋はスコアのチェックをしていて、無意識のうちにもその音は耳に入ってくる。
最近のだめは自立するようになった。ピアノに対して、正面から向き合い始めた。
千秋はそのことを素直に喜んだ。こいつは変わろうとしている。しかも自分から!でも、内心さびしいのも事実であって。
・・・・・・・さびしい?なにが?
千秋は眉間にしわを寄せた。
なめらかなピアノの優しい音はこちらの心中など知らず。
のだめが自由奔放にいて、楽しそうにピアノを弾いていること。それがいつもあることが安心だと?それこそ束縛になってしまう。のだめの可能性を奪う。
ふぅと息を吐いて、それこそ思考も一緒に吐き捨てようとした。今はまだ認めたくない「もの」の気配を背中のあたりがさわさわと察知している。
千秋はスコアのなかから湧き上がる音楽の方に集中しようとした。
低音の刻むリズム、弦の音の波が寄せてはかえす。トロンボーンとホルンは軽快に、トランペットがそれに応えて。

バーン!!

不協和音が大きく響き、千秋ははっと顔をあげた。ピアノの鍵盤に何かが当たった音だ。何か大きいもの――たとえば人のような。
すう、と血の気が引いていくのがわかった。ホタルのだめが走馬灯のように頭の中を駆け巡る。息が詰まってしまった。
――のだめ
あわてて立ち上がりドアを開け放しすぐ隣のドアへ――
「のだめ!?」


ふざけんじゃねぇどれだけこっちが寿命縮めたと思ってんだよあほのだめありえねえだろ普通に音楽院生のピアノがゴミで雪崩れるなんてありえねえ
口から出るままの暴言を吐くと、小さく、ごめんなさいと正座して千秋の前に座るのだめが言った。
ピアノの周りには散乱したダンボールの中身がぶちまかれている。
さっきの音はこの音。
心底からの深い深いため息が出て、心配して損した、と呟く。
「どこの音楽院生がっ!ごみの雪崩れでピアノが弾けなくなるんだ?」
「ゴミじゃありまセンこれはのだめの大事―」
「ゴミも同然だ!」
萎縮したのだめがとても小さい。下向き加減の伏せた目。まつげが影を落としている。
「いっぺん死んでみるか?」
「先輩顔が怖いデス・・・」
ひくひくと顔を痙攣させてのだめが言う。
千秋ははあ、とため息をついた。ああなんだかとても疲れた。いろいろと。
ずきずきと痛む頭をおさえながら、
「お前この部屋片付けない限りはうちに入れさせないから」
「ふぉ!?」
「晩メシもあるはずないよな」
「ふぉぉ!?」
先輩それだけは~!!と泣きつくのだめをあしらって千秋は部屋を出た。ドアを閉めると、ドタバタという音がし始めて、千秋は自分の部屋に戻る。
ソファにどっかとすわってスコアを手に取るも。
うう、と千秋はうめき声を出した。本当に何もなくてよかった、と安心している自分がいた。
・・・なにかあったらどうしよう、と本気で心配したのは事実。
そしてそれが冷めて今、こいつに何もなくてよかった、と大いなる安堵があったのも事実。
だってきっと、もしものことがあったら俺は。
その感情に千秋は少し驚く。違うだろ俺・・・今までは怒りしか覚えなかったのに。
「ああもう!」
スコアで顔を覆ってしまえば外界は帳の向こうのよう。喧騒も膜で覆われる。
やはり予感はしていたけれど。
ちくしょーと毒づいて、責めて逃げてきた隣のことを少し、想う。

ちくちくと心に刺さるはなんの感情か、認めたくなくて、時に冷たい態度でいることを千秋はわかっていた。
きっと、この想いをごまかすために、こうやっていつまでもじゃれてあしらっているしかないんだろうと。
いっそ絶望的に千秋は思った。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-28 22:44 | 言葉で綴る漆題-其の弐>nodame | Comments(0)

空白





ドアをあけて楽屋に入る。手を引いてのだめを招き入れれば素直にするりと入ってきた。
マジックで書いたぐるぐる模様が残っているのに、のだめは気にする様子もなく。
燕尾服を脱いでタイを外してしまうと開放感でいっぱいになった。成功した、という気持ちがやってきて、こいつ、という気持ちがやってきた。
見れば、のだめが自分をじっと見ていたことに気づいて、何見てるんだよ変態、と言い放つ。
先輩が入れてくれたんじゃないデスカ
のだめは頬を膨らませていう。ぐるぐる模様が書いてあることによって、あほさが増していることに気づいてはいないだろう。
くつくつ笑うと、さらに頬を膨らませた。
そして手を伸ばす。すぐそこにあった栗色の柔らかい髪に触れた。それから白い頬にも。
ほうけた顔が面白くてまたくつくつ笑うと、のだめは目だけでなんですか、と訴える。
指で触れると桜色のくちびるはふにふにしていた。
それからくちづけるとそれが柔らかくてこいつも一応女なんだなと思う。
しばらくしてのだめがふうと甘い息をはいた。
面白いので、もう一度くちづける。遠慮がちに、のだめがぎゅとシャツをつかんだ。
――ノックの音がした。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-27 12:30 | ss>nodame | Comments(0)

距離

私はどこまで行けるのでしょうか。私はずっとあなたを追っているから、時々その背中を見て思います。あなたとどこまでゆけるのかと。あなたは果てを知らぬようで、私も未だ果てを見たことはないけれども。そのいつの日にかのことを考えると背筋が寒いのです。果てはないかもしれないし、明日来るやも知れません。そうしたならどうするのでしょう。あなたはとても近くて遠いので、なおさら失うのが怖いのです。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-16 00:10 | sss>nodame | Comments(0)
黒い燕尾服の袖に腕を通しながら千秋はふと顔がゆるんだ。
朝まで泊り込んで練習して、本番なんて。
なかなかそれなりの一体感も出てきている。こんなオケと思っていたのに一体感が?
おかしなものだ。チャンスがなくて、どうしようもなかった昔と比べれば飛躍的な進歩だと言える。オケどころか、音楽の道さえ挫折しかけたのに。
俺も変わった、と千秋は思う。そう、変わることができたのは認めざるを得ない、のだめのおかげ。ドアの向こうで待っているだろう彼女の流れに飲み込まれて、動くことが出来たのか。
・・・なら今度はあいつの番か。今度はあいつをうずにまきこんでやろう。そうして、世界へ連れて行こう。
今は無理だけれど、いつかいつか月日がたてば飛行機に乗れるんじゃないか、と今は思う。たぶんいつになるかわからないけれど、根拠などないけれどそんな予感が。
今までで最高の演奏を。きっと緊張しているであろう仲間たちにさてどんな言葉をかけようか。
開演前、どこか遠くでは人々の喧騒が聞こえる。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-12 22:21 | 価値観>nodame | Comments(0)

for the life of me

「どうしても忘れられないんだよ」
「でも先輩いつだって忙しいでしょ?」
「それでも我に返ったときとか」
「そうだったんですね」
「あ、このやろひとごとみたいに言いやがって」
[PR]
by kanae-r | 2004-12-12 11:57 | sss>nodame | Comments(0)

今までとは違うやり方の


やめておけばよかったと後悔するのはいつも事の後だ。気づいたらそういうことになっているのだけれど、いつも後になって後悔する。
のだめがたまに見せるその隙が千秋を弱らせていくのだと千秋は思っている。
今更比べるようだが、彩子はどこまでもまだ常識人だった。
それが今常識の通用しない相手とあって、千秋は弱くなるのだと思っている。
普段だって、のだめをからかったりこづいたり、たまにはぎゅうと抱くだけで満たされるのに、またのだめが隙を見せた途端、こうだ。まだ抜けきっていない放心状態でのだめは寝転んでいる。
このありえない状況。
やる気なくベッドの上に投げ出されたのだめの手足が手持ち無沙汰なように思えて仕方なくて、それで千秋は思わずちょっかいを出した。
おいこら、といって頭をぐしゃぐしゃにするとのだめはふぎゃーと奇声を発して身をよじった。そこにいつものらしさを見つけ千秋は知らず安堵する。何かを吐き出し終わった後のような妙なすがすがしさが見て取れて、千秋は少し苦笑した。
隙が見える度の新しい対処法。こんな方法は数年前を考えたら本当に予想できなかった。
何もかも自ら切り開くしかなかった頃。
ほんの少し、こうしてのだめを救えるという事実を千秋は安心していた。何よりも依存しているのは自分だと言う事実を目の当たりにするようなものだけれど。
 側にいるだけで
なんて言葉は一生かけても言わないけれど、千秋はもう知っている。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-11 21:15 | ss>nodame | Comments(0)

キッチン・シンクⅢ

ことばが、
すとん、とこころにおっこちた。


 キッチン・シンクⅢ ―エピローグ―


それはきのうのこと、わたしとかれのことばがさくごしただけのこと、

・・・・・ただそれだけのこと。



「ママ」
そう言ったのは愛しいわが子。
なぁに?
そう返せばニッコリと笑っておちたよ、と楽譜を差し出してくれた。
気持ちのいい五月の風が、開け放された窓から吹き込んでいた。外は新緑、良い天気だ。
気づかなかった、それくらいぼうっとしていたことに気づく。
「ありがとう」
私が座る隣にちょこんと腰掛けて、じいっとこちらをみて、
「弾いて欲しいの?」
「うん」
渡された楽譜は今度やるイベントのための曲だったけれど、
なにがいいの、と尋ねると、お話のやつ!という元気のいい反応。
「もじゃもじゃ?」
「もじゃもじゃ」
舌足らずな声で返答する。
よーしとわたしが腕まくりをするまねをして、組曲の第一楽章、最初の音を出すべく指を滑らせた。

ちらりと隣の小さなたった一人のお客様をみやると、じっくり私の手を見ていたり、ふと視線を見上げてみたり。
♪も も もじゃもじゃ もじゃミちゃーん
私が歌う、この子も歌い始める。
私は頬が緩むのを感じた。

全12楽章、途中でこの子は落ちたり復活したりしながら変ロ長調までついてくる。長いのにね。
私が最後の和音を作ると、小さなお客様はぱちぱちと小さなかわいいもみじの様な手で拍手をする。
弾く、と言って小さな掌を鍵盤の上へ。
ぽろんぽろんと舌足らずな音楽を奏で始める。

たまらなく、愛しい。



++++



ただいま、と千秋が帰ってきた時のだめは子供を寝かしつけていた。
暗い部屋からちょこりと顔を出してお帰りなサイ、と微笑む。千秋も自然と笑む。
それでも、昨日の錯誤が思い出されて、少し微妙な感じ。
台所にはのだめが作ったと思われる料理、オムライス。
残っているチキンライスを少しつまむ。うん上手になっている。
子供が生まれてから真剣に千秋が特訓した成果あって、のだめの料理も人道的なレベルにまで這い上がった。
一人で残された料理を温めて食べようと準備をする。
のだめがするり、やってきた。

「先輩」
一呼吸の後、言葉。
千秋は視線を隣へやってきたのだめへ。
瞬きひとつ。
「あの、きのうは」
「うん、・・・・・・ごめん・・・」
のだめをぎゅうと抱きしめる。おずおずと手が腕に回された。
「・・・・・ごめんなさい」
「・・・うん」
錯誤、それはしょうがないこと。

きっとね。







「料理上手になったじゃないか」
「ほんとですか!?やった!」
とろり、卵の上にソースを。
「ハイ真一君ご飯デス」
満面の笑み、千秋はのだめの頬にキスひとつ。
「どうも、奥さん」
素直になれた、気がする。
ふわり、のだめが笑う。
のだめが言う。
「今日あの子もじゃもじゃ12楽章歌ったんですヨのだめと一緒に」
「はぁ!?覚えたのか?」
「そうみたいです」
スプーンを持つ千秋が冷たい視線を送る。
「お前・・・しょうもないもん覚えさせんなよ・・・」
「しょうもなくないですヨ!すごいじゃないデスカ!」
「いや確かにすごいけど・・12楽章も?」
「そうデス!すごいでしょ」
へへんと胸をはるのだめ。
「いやすごいのはお前じゃないから」
掬う、口へ運ぶ。
「わかってマスー。あっそれでピアノも一緒に弾きました」
「うーんもうそんな年だもんな・・・・」
「どうしましょうね」
「自主性に任せるのがいいと思うけど、小さい頃からやっといた方が得だしなぁ」
「こんどリハに連れて行ってみます?」
「そうだなぁそれもいいかも」
他愛のない、幸せな会話。
食べ終わった千秋が、ごちそうさま、と食器を持って台所へ。
ひょこりと、のだめが隣に。
「おいしかったデスか?」
「うん、あいつも喜んでたろ?」
「ハイ!」
本当に嬉しそうにのだめが笑い、千秋も笑みを浮かべる。
「ほんっとかわいいやつだよな・・・あの手でピアノ弾くの見たか?かわいすぎるって・・」
「だーかーらー今日弾いたんですって」
「そうだったそうだった」
「ママ、パパ」
びっくりして振り向いた先に目をこすりながら立っていたのは。
「あれ、起きちゃったんデスカ?」
「おう、ただいま」
寝ましょう、というのだめの足のあたりをするりと抜けて、
「パパー」
おかえりなさい、と眠そうなかわいらしい声。ぎゅうと足のあたりにしがみつく。
ただいま、と答える千秋の頬が緩んでいる。しゃがんでだっこ。
のだめが困ったように笑って、しょうがないデスねーと言う。
「お前今日もじゃもじゃ覚えたんだって?」
「うん!うたえるー!」
「すごいなーよーしいい子いい子」
完全に覚醒したのか、ぱぁっと満面の笑みを浮かべて言う。
「ねぇパパあしたおやすみでしょ?」
「そうだぞー遊ぶか?」
「うん!ママもー」
「ハイハイ遊びマスよー」
じゃあもう寝ようねぇ、とのだめが千秋の腕の中から抱きかかえとる。
「おやすみ」
「おやすみなさいー」
パタンとドアの閉まる音。千秋はワインをあけようとグラスを用意する。
しばらく扉の向こうから聞こえるのは二人の会話、子供っぽい声と、本当に子供の声だ。
「・・・・・パパー!!」
しかし本当に目が覚めてしまったらしい、ととと、と部屋から抜け出して。
千秋は眉をひそめる顔をした。
「ダメだぞ寝なきゃ」
「だってねれないんだもーん」
のだめが寝なさい、と声をかけてもなおそのかわいらしい顔で駄々をこねる。
「じゃーね、こもりうたほしい」
「・・・・・」
「パパとママの」
一度、顔を見合わせて、苦笑。
「・・・・そしたら寝る?約束できる?」
「するー!」
指きりげんまん。
小声、でのだめが。
「・・・え、あの、ピアノとヴァイオリンのことデスかこれはまたもしかして」
「・・・歌じゃないの?」
「ちがうーがっき!」
大きなお目目をくりくりさせて、はやくはやくと千秋のヴァイオリンケースをどこからか持ってきた。
「あっお前なんでそれが出せたんだ!?」
「えっ!?・・・・・」
「時間・・・は八時だし大丈夫か」
「じゃあ寝るって約束守るんですヨ?」
うんうんと大きな首肯。
ベッドにさあさ、と押しやるとすとんと入って。
「何でこういうときだけ素直なんですかね?カズオ似?」
「お前なんか言ったか」
「いいえなにもー」
にこり、と千秋の笑顔。怖いデス、とのだめが口を尖らせた。
「じゃあシューマンの?」
「いいよ、メロディ追うから」
弦の準備をした千秋がしゅ、と撓らせて構える。ドアの向こうではちゃんと寝ているといいのだけれど。




子供の情景、トロイメライ。
隣の住人が聞き耳を立てて、ああこれは子守唄と知る。優しく優しく、限りない愛情の溢れた演奏。隣には小さな子供がいることは知っていたから、(そして親が誰であるかも)なんとも贅沢な、と彼は白いひげを扱き息を吐いた。


********

「あれ」
「・・・・」
「・・・だってねむれないんだもん」
[PR]
by kanae-r | 2004-12-09 18:00 | 連>nodame | Comments(0)

キッチン・シンクⅡ

「あんたもうちょっとまじめにやりなさいよ」
目を怒らせて真澄は言う。のだめはハイ~と返事をしつつも手つきはおどろおどろしい。
麺の袋を開けて、中華なべに入れようとしたのを、真澄は麺が熱い鉄板に落ちる前に手でキャッチした。
「麺は後よ!肉と野菜をまずいためる!!」
「・・・・あっ!」
「あっじゃないでしょ!」
漫才のような掛け合いをしながら、キッチンで簡単な焼きそばひとつ作るのにも大騒ぎする二人を、峰は微笑みながら見ていた。
「・・・・・・何を食わせるんだろうな」
「・・・さぁ」
対して千秋はまったく興味なし、といったようすでごろりと雑誌を読んでいる。
任せてくだサイ!と張り切ってキッチンへ向かったのだめと、任せらんないわ!と手伝いにいった真澄。峰が先行き不安さから手伝おうか?と尋ねようものならあっち行ってて!とたたみかけられてしまった。
「うん、気にしない」
峰はひとり完結して千秋の読んでいない雑誌を拝借する。こいつは音楽雑誌以外に何か別のものを読むことはないのか?

―――しばらくたったころだろうか。
峰はそのうち雑誌に没頭していて、いきなり、パラパラ、カタカタ、コトコト、キンキン、と。
金属音が鳴り始めた。
千秋がむくりと顔をあげる。
「―――うちの食器と、器具!」
千秋のにらみつけた先では、やけに熱心に解説らしきものをしながら、箸のスティックとボゥルを使ってリズムを刻む真澄と、感心してそれをきくのだめ。
「・・・・もう動くのやだ」
そういって床につっぷしてしまった千秋。こいつ最近忙しかったからなぁと思って、峰はぽんぽんと叩いてねぎらい、立ち上がって、
「千秋先生が怒ってますよー」
キッチンの二人を手伝いに行った。
えーという声と、あらやだ、という声。
タン・タタ・タッ・タッ・タタタタ・タッ・タッ
さっきティンパニーが台所用品でつくったリズムを床で叩く。さすがパーカッション、と思いつつ、千秋はうとうとと目を閉じた。
[PR]
by kanae-r | 2004-12-08 22:20 | 連>nodame | Comments(0)