当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

sloppy girl

やはり昨日は雨が降っていたのだ、と思う
起きてすぐじっとりとした湿気が体にまとわりついて
髪が頬から口にかけてひとふさ付いていた
それを払い除けて、目覚めの良くない朝だと思う
きっとそれは雨のせいだけではないことを知っている


それは多分唐突にやってくる悲しさとか切なさとか、そういう郷愁の類だ
もし自分がいつかその昔に戻れるならその今までを捨ててしまうことが出来るかどうか
きっと出来ないだろう
それほど自分は大人になってしまったのだ

手元にあった時計を見れば数字の七をそれは指している
少し寝過ぎたような
そんな気がしてそろりと起き上がる
身体中気持ちが悪かった
こんな時はさっさとシャワーを浴びて出ていってしまおうと思う
いつも、思うのに

ガラリという音と共に四方の密室空間が出来た
コックを捻ればひやりとする
水はだんだんとあたたかくなった
水の粒が、身体中の気持ち悪さを流して少し気持ちが軽くなる
上を向けば顔から喉にかけてすうとした
はやく
はやく出て行こう

ほてったからだにてろんとしたワンピースをきて、まだ髪は濡れたまま靴をはいて、一度振り返ったその部屋は、
綺麗に整えられていた


ドアを開けて
階段を降りて
水色の空が広がっていた

今日は憎らしいほどに、晴れで
思いきり息を吸い込んだ
昨日の雨の匂いがした


「のだめ」


呼ばれた声は勝手知ったる彼の声
低く涼やかな
でも柔らか

私が振り返り見ると、彼はランニング帰りらしくタオルとパンの入った袋を持って、立っていて
思わず笑みが溢れた

「お前」


彼が手を伸ばす
私の髪にふれる


「髪が濡れたままだぞ」





ああ、きっと彼に一生
勝つことは出来ないのだ
[PR]
by kanae-r | 2005-05-16 20:40 | ss>nodame | Comments(0)

凱旋

おかえり、と優しい声で迎え入れてくれた千秋に、のだめはくしゃり、と顔をほころばせた。
ただいまデス、というと千秋は凱旋おめでとう、とぽんぽん頭を叩き、のだめのスーツケースを中に運び入れた。
部屋の中は夕方の日の匂いでいっぱいである。
一ヶ月間帰ってなかったこの部屋が懐かしく思えて仕方がない。すとんとソファに腰をおろすのだめに千秋はコーヒーを出した。手、洗ってこいよという言葉に従い子供のようにはーいと返して向かう。ああ帰ってきたなぁと思って、何よりもこの部屋は一ヶ月前と何一つ変わらない。(きれいになっている以外には)
どうだった?と問う千秋にのだめはゆっくりと長いコンクールの話をした。ふーんと適当に相槌をかえしながらもちゃんと話を聞く千秋だということはのだめが一番よく知っている。
浮気しませんでしたか?もしかして知らない女の靴下が・・・とソファを覗き込むのだめ。そんなわけあるかとそのままどつくとふぎゃ、と例の声を出した。
お前こそ、と首から下がるチェーンを引っ張る。そんなわけないじゃないですか、ムキーとおこりながらのだめが言った。
指輪だと演奏中は外さなければならない、ブレスレットも同じく。
だからのだめはネックレスを選んだ。小さな天使のモチーフの。
そうしてつけてやったかわいらしい金色の天使が今日も胸元で踊っている。
夕日を受けてきらりきらりと金色の光を放っていた。
[PR]
by kanae-r | 2005-05-04 08:24 | ss>nodame | Comments(0)

チキン

「もー!XXXXX!XXXXX!」
「・・・・・・・」
「・・・・・・・お前」
「なんだよーーもう僕やだー!」
「・・・・・・ねぇ、そんな言葉ドコで覚えたの?一体誰に?」
「・・・・・・なぁ、そんな言葉ドコの誰から教わったんだ?」
「・・・ミルヒーにアメリカのとき」
「殺しマス!」「殺す!」
「・・・あっお父さんお母さんどこ行くの?ねー」
[PR]
by kanae-r | 2005-05-03 21:58 | ある家族の風景>nodame | Comments(0)

なつに。

白いワンピースからほそっこい手足がすうっとまっすぐ伸びていた。
きめの細かそうな肌、触れればきっと気持ちのよさそうなそんな綺麗な肌だとリュカは思う。
栗色の髪の毛は夏の日差しで燦然と輝いているように見えた。
「のだめっ」
その名前を呼べば、振り返り、彼女は鮮やかな笑みを浮かべた。
まるでこの夏のひまわりのようなそんな笑顔。
髪と同じ色の睫毛が太陽の日差しから頬に影を作る。
健康的で明るい頬、桜色の唇、そして黒味が買った茶色の、まっすぐと前を見つめてキラキラと輝く宝石のような瞳がこちらを見ていた。
少年の心はどきりと弾む。
[PR]
by kanae-r | 2005-05-01 16:22 | sss>nodame | Comments(0)