当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

16-30








16 交換条件



「のだめ本当に妻らしくなりマス!」
「は?」
「じゃあご飯作りますから真一くんはどうぞご自由に」
「・・・お前うちに置いてやるからさ、キッチンに立たないでくれる?」








17 満天下



「制覇ですか?」
「そうそう」
「ふふ、先輩ならできますよ」
「うんやってやる」
「ただしのだめも負けません、言っておきますけど最終的にのだめは真一くんを見下しますからね」
「強気だな」
「そうですヨー」
「まあ、最終地点は無いからな、どこまででも追ってくればいい」
「あ、ムカツキマシタ」








18 恋は盲目、愛は緘黙



「でも言わなきゃ伝わらないですヨー!」
「・・・・」
「あ、恥ずかしいんだ」
「違う違う」








19 見せかけ握手



「はいこんにちは」
「あ、どうも」
「・・・・・」
「・・・・・」
「・・・・クソ」
「あ、勝っちゃった」








20 なんと愚かなることよ



「こんな人生じゃなかったはずなのに」
「え、今更ですね」
「まあそうだけど」
「不満ですか?」
「まさかこんな変態と結婚するなんて予想してなかっただけのことさ」










21 雨が似合うと言われたい



「雨も滴るいい女?」
「あのさ、ホラー映画みたいだから止めて」
「先輩もー」
「うわ」
「きゃーシャツが透けてて色っぽいですう」
「あのさ、傘かしてやるからヤメロ」








22 意味が不明瞭です



「うーわーん」
「なんでだ」
「痛いー!」
「なんで」
「せんぱいー」
「なんで何もないとこで転ぶんだ」
「まってー」
「馬鹿」








23 キズモノ



「あの時は犯罪者になった気分だったかも」
「そうですか」
「あれ、そう?」
「のだめ何にも覚えてません」
「・・・ゴメン」








24 夢を与えて



「昔はピアノの先生になろうとしてたんですヨー」
「なんで?」
「リカちゃん先生のように子供にピアノの楽しさを教えてあげようと思ったんデス!」
「おまえ」
「?」
「いまでも同じことできるじゃんピアノ弾けばさ」
「・・」
「楽しいことも悲しいこともつたわるじゃないか」
「おお」








25 よせあつめ根性



「じゃーん」
「・・・」
「のだめの力作☆愛の愛妻弁当デス!!」
「・・あいのあい?あのこれは一体」
「これですか?これはきんぴらゴボウの黒糖漬け」
「(黒糖?)ちなみにこれは」
「牡蠣のフライ」
「(なんでまたそんな危険なものを)これは?」
「これはゴーヤチャンプルーですよう」
「・・・(死ぬ)」
「さあ包みますからちょっと待ってて下さいネ!」








26 「正確に」笑って



「わーこの笑顔」
「なに」
「スクラップしていいデスかこの雑誌」
「あ、この前の」
「先輩の笑顔って珍しいですね雑誌で」
「んーオレも社交辞令がうまくなったというか」








27 問答無用



「違います違いますちょっとここ二三日お風呂には入れなかっただけでぎゃーつめたいっ」
「くさいぞお前」
「やだーつめたいー!もっと優しくしてくださいヨ!」
「優しくなんて言葉が出てくるならその臭いをもっと人間に優しくしてくれ」
「なんて愛情のかけらもないー!一緒にお風呂はいるくらいのサービスはないんですか?!」
「お前ももうちょっと綺麗になってくれるっていうサービスはないのかよ」
「冷たいですって!」
「うるさい」
「つめたいー・・あ、お湯」
「うるさいから」








28 亡キ女ヲ想フ



「でもこれってそんな曲には思えないデスー」
「そんなこといったってなあ」
「だからこれは多分お爺さんが死んだおばあさんのことを想ってとかいうある意味懐古的な哀愁漂うじゃないデスカ。そう思いません?」
「いや、そういう曲じゃないって」








29 ダイレクトキス




「おちるおちる」
「あきらめちまえ」








30 未視感



「なんか・・・予感あったんだよ」
「え、そうなんですか?じゃあ違う便にしてくれればよかったのに」
「そんなこといったって予感だぞ予感」
「予感したって実行しなきゃダメじゃないデスカ」
「そんな確証の無いこと実行に移せないだろ」
[PR]
by kanae-r | 2005-08-23 00:10 | 創作者さんへ選択式100のお題>n | Comments(0)

あさやけ

あしたも
あさっても
そのつぎも
ずっとずっと
こうしていられたらいいのに

「・・」
「・・どうした」
「いいえ、綺麗だなって思って・・あったかー」
[PR]
by kanae-r | 2005-08-22 05:52 | sss>nodame | Comments(0)

1-15





01 ただ、走る。



「・・っ・・・」
「・・・」
「・・いたっ!」
「テンポ」
「・・はい」
「人とあわせてんのか一人でひいてんのかよおく考えてみろ」
「すいませんでしたっ」








02 法律では認められません



「あーっ!」
「なんだよ」
「のだめのイチゴー!!取っといたのにー」
「なんだよ残してるからいらないのかと」








03 どっちつかずの正当性



「はっきりしないのは絶対良くないですヨ」
「だからといって軽い考え方もよくないだろ?」
「たしかにそうですけどじゃあ先輩はどうおもうんデスか?中立派なんて止めて下さいネ」
「オレはできないよ」








04 悲観にくれるわけじゃない



「違うくて、ちょっと気分転換してくるだけです」
「のだめ」








05 踏み出してしまえ



「ねえ真一くん」
「なに?恵さん」
「―――――ふぇ」
「あっオイ大丈夫か!?」








06 餌をやろう



「ほおら、よしよしこっちこーい」
「?なんですかー?」
「はいはいごはんだぞー」
「わーい」
「ほら待てよおちつけって」
「まってますう」
「えらいえらい」
「あああれ先輩のだめをばかにしてるんですか」
「え、わかった?」








07 満たされるものは欲ばかり



「こんなことばっかしたら人間は退廃的になるな」
「でもそれは人間の本能なんだから仕方ないと思います」
「お前にしては悟ったことを言う」








08 明日にしてください



「・・・!き・・今日はダメです」
「・・・」
「だ・・だって!明日早いんですう」
「・・・・・・・・」








09 いざ、



「はーい『明日』だぞ」
「うわーん先輩の変態っ」








10 孵化



「わあ、なにするんですか」
「いいやなんにも」
「なにを」
「こうしてるとさ、まゆみたいだから」
「先輩にしてはかわいいこと言うじゃないデスカ」
「あったけー」
「のだめは寒いデス」
「ははは」
「はがしてさしあげますよ、くるぁー!!」








11 くるわせたいの



「やめろって」
「・・・・・・・」
「やめろって言ってるのに・・・」
「・・・・・・・」
「いいんだな?」
「んぅ」








12 闇鍋はいかが?




「せんぱいー!みてみてつくったー!あっちょっとドア閉めないでくだサイ!!」








13 鮮烈なるは我が純情



「なんだかこうしているだけでのだめは幸せです」
「・・・・・」
「先輩?」
「・・・う、やられたかも」








14 耿耿



「・・・どうしたんですか?」
「ん」
「悩んでばっかじゃ根が詰まりますよ。一緒にお出かけしましょ?あたらしいカフェがオープンしたんですヨ」
「・・・・おまえってさ」
「?」
「なんか妙に間がいいというか」
「はぁ」
「天性の才能だよそれは」








15 それもまた一興



「ああたのしかった」
「うん良かったんじゃない?」
「あ、ありがとうございマス」
「じゃあ次は先輩の番」
「え」
「さぁどおぞv」
[PR]
by kanae-r | 2005-08-22 05:43 | 創作者さんへ選択式100のお題>n | Comments(0)

5 約束を絡めて

耳殻で集められた音波は聴神経を通じて脳にその音を伝えるのだけれども
理屈ぬきの何かがあるのだなとのだめは思う。
体の下のほうから伝わってくる振動がびりびりと体中を振動させて脳天を突き破るような感覚を覚えた。一本の棒から生まれる音の波が体に伝わる。
こんな曲も得意なんだ、のだめはそう思って、でも思う暇もなく感覚でそんなことを考えたような感じがした。
ずーんと響く低音、のだめは低音のこんな感じが好きだ。音楽って強いと思うのだ。

今は遠い背中。目を閉じれば瞼の後ろにもその姿は浮かぶ。今は遠い。でも昔に比べたら、前に進んでいる。一歩一歩、足音は聞こえるはずだ。

「じゃあ10分休憩で」

ざわり、と空気は変わって一気に和やかになった。椅子にどっかり腰をおろしてスタッフと話している先輩の左手はぶらりとぶら下がっている。疲れた様子を見せつつも、笑顔はとても楽しそう。のだめは遠い客席から指を伸ばして、目を細めてその左手の、小指に焦点を合わせた。

「ゆびきり」
げんまんうそついたらはりせんぼんのます

今は遠い、果たして近づいているのかは分からないしもしかしたら離れているのかもしれない。
それでも私は歩き続ける、私たちは歩き続ける。
[PR]
by kanae-r | 2005-08-21 01:04 | 指に関する5つのお題>nodame | Comments(0)

4 誓いを贈ろう

「だいすきです」
「だいすきです」
栗色の小さな頭に手を伸ばす
「だいすき、」
優しく抱え込む
「せんぱい」
「だいすき、だから」
甘い匂いがふわりとするようなそんな感覚
「だから・・・」
その先を彼女が飲み込むのがわかる
だから?と促せば上気した頬がいやいやとすりよせられた
「おねがいだから、」
「おいてかないで」

ああ、なんてことを
でも俺は行くけれど
神様

「・・・のだめ」
頷けない代わりに薬指を手に取り
いつかの紳士がするようにキスをして

おいていくけれど
どこからでも想うから
どこからでも

だいすき、と繰り返すのだめの
背中とひざっこぞうのうしろに手を通して
「運ぶよ」
ベッドに倒せばのだめはすがるように手を伸ばした
酔いは相当まわっている
この、甘えん坊状態になるのはよっぽど呑んだ時だけ―――

上気した頬がうらめしかった
[PR]
by kanae-r | 2005-08-20 05:01 | 指に関する5つのお題>nodame | Comments(0)

3 堕ちろ

きっときのうも
きのうだけじゃなくおとといだって
そのまえだってそのまえのまえだって
そしてきょうも

千秋がにこり、と笑んだ。
めったに見られない満面の笑みを見つけてのだめは思わずほわぁと声をあげてしまった。
「のだめ」
信じられないような甘い声。のだめは少しくらくらしながら千秋ににじり寄った。
あぐらをかいて床にはスコアが落ちていたけれども、千秋はひょい、と手をのばして
(のだめはその手が頬に触れると思った)
のだめの髪を掻き分けて
(どきりとした)
思い切り耳を引っ張った。
「いっ!?いたいいたい!痛いですせんぱ」
「ぜったいおまえ」
そうしてのだめの頭を引き寄せる。
「いたっい!」
「ぜったい」
そうして引き寄せて、千秋は顔を寄せたような。
(のだめはそんな気がした。だって近い!)
「・・・・いた」
「だまれ」
(こわ)
そろそろと横目で見ても千秋の表情はみえない、のだめにしてみれば唐突に
「なんの・・香水?」
千秋がくんくん、と臭いをかいでいることに気づいてのだめはあわてる。
「こうすい?いえいえ、そんなものは・・・・あ」

さいきん、きんもくせいの木の近くでおひるねしたりしてるから

「・・・金木犀」
「はい」
千秋がぎゅうとのだめの耳をつねった。
「いったーい!?・・・・あふ」
いつのまにか千秋の左手が腰にまわっていて。これは抱きしめられているのだとおもう。

そう、

「あう」
「ばーか」
のだめがそろそろと右手を千秋の口元へ持っていく。
(きれいなくちびる)
「もしかして、のだめが誰かからもらった香水つけてるとか」

「そうおもったんですか」
返事の変わりに、そのきれいなくちびるがぱかりと開いて、
「っっいっだーーー?!?!」

のだめの中指に、犬歯のあとがあった。

(なんてかわいい彼氏!)
ぺろりとなめたその跡が、どうにもこうにも痛々しかった



++++++



「のだめきっと先輩と同じにおいがすると思いますよ」
そういえば千秋は幸せそうに笑った
[PR]
by kanae-r | 2005-08-19 22:52 | 指に関する5つのお題>nodame | Comments(0)

2 話をさせて

ちがう、と俺は言う。そんなのを望んでいたわけじゃない。
のだめだって努力してきたのに!そうして叫んだ彼女の瞳は絶望の色に縁取られていた。
ちがう、そうじゃなくて、ぎらぎら、目の中で何か闘志が燃えている。
今まで通りだったら、いつまでたっても追いつけるはずないじゃないですか!

なるほど、のだめの中にくすぶっていた物はこれだったのか、と少し合点、しかし続ける。
だからってそんな途方もない事していたって、と。
途方も無くない!そうしてまた叫ぶ。光ったのは涙?
それから気づいたのは、自分だって人のことを言えず人もまた自分のことを言えないこと。
そう、これは俺が手を出していい問題ではなかった。けれどもはやのだめは収集がつかなくなっている。


し。

さあ、少しだけ、
少しだけ俺に猶予をください
[PR]
by kanae-r | 2005-08-18 22:17 | 指に関する5つのお題>nodame | Comments(0)

cherish

一の指で触れ
二の指で口角に触れる
三の指で頬を撫で
四の指で優しく包み
五の指で頬に添えた。

「どうした?」
「いいえなにも」
[PR]
by kanae-r | 2005-08-15 05:20 | sss>nodame | Comments(0)