当ブログsoireeは管理人kanaeによる雑多な二次創作を扱っております。苦手な方等はご容赦ください。


by kanae
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スーパーカミオカンデ

ニッコリ笑んだその顔が心底恨めしい。その手に抱えられたのは暖かな湯気を立てる・・おかゆ?!いやそれはない、だってそれは奇妙な緑色をしているのだから。断じて俺は認めない、それが人間の食べるためのものだなんて。
「せんぱーい。お口、あーん」
スプーンの上でとろり、とそれは揺れた。俺の心ももう揺れまくりだ。
「無理!」
「だめですヨカズオさん、栄養つけなきゃ・・」
げほげほとむせてしまう。体が重い頭が痛いのどが痛い風邪だなんてありえない。
心なしか眉根を寄せて心配そうにこちらを見やる。
「愛妻が一生懸命作ったものを食べれないって言うんですか?」
「それとこれとは別問題」
くらりと頭にめまい、ああもう何もかもめんどくさい・・
「味見した?」
「いいえ・・あ、では一口」
「・・」
「おいしい」
「・・」
「あーん」
普通なのか?!いやでもいつぞやのカレーを思い出せばこいつの腹が正常でないことはわかっている。あたまがずきずきとおもくなってきた。
目の前にあるその栗色の瞳はくるりくるりと光っている。ふうわり香るあたたかなにおい、気のせいかも。
口をあけた。
温かいおかゆは口の中でほろりと崩れる。緑色をしていたのはほうれん草・・・?!でも、食べれなくも無い。
「おいしいですか?」
首を傾けてこちらの反応をうかがう。さらりと流れた髪は光にすけて金に近い亜麻色だ。温かい部屋の中でのだめは暑いのだろう。その頬は心なしか上気している。
「食える」
ムキャ!と奇声を発し喜ぶのだめ。何口かもらい、御馳走様と言う。
掌で額に触れられる。その大きな掌は、努力をしている人間の掌だった。
「まだまだ暑いですね・・ひえぴたもってきますね」
ひょん、とのだめは行ってしまった。そこにぽっかりと隙間が出来て、空虚感。目を閉じて、どくどくと体が火照っているのを感じた。
とたとたという足音。足音だけで自分はきっとのだめを見分けられるだろうなぁと思う。
「はい」
ぺたりとはられたそれはとてもとても冷たかった。
[PR]
by kanae-r | 2005-09-25 10:33 | ss>nodame | Comments(0)

31-45

31 喰らう





「ふあ」
「・・・・ん」
「・・・」
「多分、月、の色」
「つき?」
「肌の色だよ」








32 リリカルサイレント



「―――」
「―――ああ」
「―――」
「―――負けました」
「―――」
「だから、せんぱいこっち見ないで」








33 たくらみ笑顔



「何考えてる?」
「いいえー」
「・・・」
「ふふふー今日は何の日でしょう?」
「オレはバレンタインとかいう日本の製菓会社の陰謀なんかにだまされない」
「わかってるんじゃないですか」








34 モザイク



「かけたい」
「・・そんなにまずいですか?」
「何で自覚無いんですか」
「そうかなぁ、マリリンモンローって」
「お化け屋敷ですか」





35 危険因子を孕んでる



「これからはもうやめておけよ」
「・・・はい」
「俺だって知らないぞ」
「・・・はい」
「どっかの男に食われても知らないからな」
「・・・・・・もう、飲みません!」






36 コケティッシュ光線





「ふ」
「・・・・!!」
「あ」
「ばか!服着ろ服!!!起きろ!ばかのだめっ!!寝ぼけてんじゃねぇ!!」







37 All agree.






「なんでですか、どうしてですか」
「もう何年の付き合いだと思ってんだよこのやろう」
「・・・先輩、ずるいです」






38 脚を閉じろ





「ああもうお願いだから」
「ハイ?」
「昼間っから誘ってんのかお前は」
「・・・はぎゃー?!」








39 甘いものには目がないの







「ん、うまい」







40 素直である価値







「先輩もうちょっと素直だったら良かったのにですねぇ」
「なんだよ何が言いたい?」
「素直なほうがいいデスよ、相手に気持ちを伝えられる」
「俺は素直じゃないって?」
「ハイ、カズオさんじゃないデスカ」
「でもおれが素直だったら」
「そしたら多分先輩とこうしていることも無かったかもデスね」







41 そして、喪失がはじまる







「殺してやります」
「そうかいそうかい」
「許さないです」
「そうかいそうかい」
「毒盛りますよっ」
「はいはい」
「だから・・あーもうっ」
「そうだね」
「・・わーん」
「俺がついてるからな」







42 ないものねだり







「あーあ」
「・・?どうした」
「素敵な男性もいるものだなぁと思いまして・・・あいたっ」









43 熟れた毒






「もう遅いですって」
「そうだなぁ」
「なんであがらうんですか」
「俺は意気地なしだからさ」








44 防水加工







「傘持ってくればよかったな」
「そうですねぇ、あ、でも」
「?」
「シャツが透けて先輩色っぽ」
「俺の心は防水加工です」







45 烏合になりきれ








「かわいいですね」
「・・・そうかなあ」
「先輩にはこのかわいらしさがわかりませんか、そうですかいいデスよ別に」
「・・・」
「どうせ先輩は人間じゃないですからね、鬼で悪魔ですもんね」
「・・・・」
「あーかわいいなあ」
「・・・お前の趣味の問題だと思うんだが」
[PR]
by kanae-r | 2005-09-20 18:56 | 創作者さんへ選択式100のお題>n | Comments(0)